豊胸手術と傷跡

美容整形の中でも高い人気を誇る施術が、胸を大きくする豊胸手術です。
ただ、施術を受けたいと考えても、施術後に傷跡が残り、そこから施術を受けた事を気付かれてしまうのではないかと不安になる人もいるでしょう。

ですが現在は、脇を切って施術を行う事で、傷が残っても目立たない状態を作る事が出来るようになっています。
更に、切るのも数cm程度と、傷自体が小さくなってきています。

胸に豊胸バッグを入れる施術ではなく、胸に体から吸引した脂肪を注入する施術を選べば、体に目立つ傷をつけない状態で、胸を大きくしていく事が可能になります。

脂肪注入法による豊胸術では術後のバストサイズが減少する

脂肪注入による豊胸術は、仕上がりの自然さから人気の高い施術ですが、術後のバストサイズの変化には注意が必要です。注入された脂肪細胞の全てが、体内に定着すると限らないためです。定着しなかった脂肪細胞の大半は身体に吸収されてしまいますが、吸収されずしこりの原因になってしまうケースもあります。

美容整形業界の技術研究により、脂肪細胞の定着率が高い施術も考案されていますが、最新のセリューション法でも定着率は80%程度です。つまり、脂肪注入法は術後に必ずバストサイズが減少してしまうデメリットがあるのです。これを事前に知っておかないと、後々トラブルにもなりかねません。

何度も豊胸手術は美容整形で必要に

豊胸に関連している手術は、回数が多くなってしまう傾向にあります。そこまで多くならないだろうと思っていたら、相当多くなってしまう傾向もありますので、回数が多くなっているような気がしているなら少し考えておきましょう。シリコンを入れる場合でも、美容整形を何度か行う必要があります。

何年か経過しているようなら、入れ替えるための手術が必要になっていて、長く使っている場合は早めに交換しておく必要もあります。安心して胸を大きくしていける方法も多数ありますが、何度か手術を受けないと豊胸手術は駄目で、その計画もしっかり考えるのです。

大きくしすぎると豊胸手術は負担増

サイズを考えていくのも、豊胸手術では重要になっています。かなり大きなサイズを狙っていく場合、注入しなければならない脂肪も多くなってきますし、シリコンの場合は中に入れるものも多くなってしまいます。実は大きくしすぎることが、リスクを増やしている傾向にありますので、大きさについてはしっかり考えてください。

大きすぎるようなイメージを持っているなら、小さく整えることも考えてください。大きな豊胸手術を検討している場合は、サイズが大きすぎて将来的な問題も起こるだろうと思っておきます。特に昔から行っている方法だと、美容整形のリスクは高くなってしまいます。

豊胸手術の美容整形は美容外科kunoクリニック大阪、東京

東京銀座院
〒 104 – 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/ 【公式】
http://www.d-biyou.com/michelangelo/ 脂肪吸引
http://bust.k-biyou.com/ 豊胸
http://nose.k-biyou.com/ 鼻整形
http://eye.k-biyou.com/ 二重整形

脂肪吸引、脂肪注入による豊胸術、デカ目、二重まぶたにする二重整形、隆鼻、小鼻などの鼻整形、小顔、レーザー脱毛などの美容整形。
Vaserによる脂肪吸引、豊胸、小顔整形で人気。

他院での美容整形手術の修復、しわとり、シミ取りなどのアンチエイジングも行っています。